スリップノットとストーン・サワー、2大バンドのフロントマンとして君臨するコリィ・テイラー。「自宅待機」から一気に生まれた初ソロ作を豪快に語り尽くした!

スリップノットとストーン・サワー、2大バンドのフロントマンとして君臨するコリィ・テイラー。「自宅待機」から一気に生まれた初ソロ作を豪快に語り尽くした!

俺の友人は“マイネ・ルクス”を聴いて〈ミスフィッツが書いたヴァン・ヘイレンの曲って感じ〉と形容したよ。そんなトチ狂った組み合わせ、聴いたことないだろ?(笑)


何がメインで何がそうじゃないかという区別をすることなく、ふたつ以上のホームグラウンドを持つということ。かつてそれは忠誠心に欠ける行為として見做されがちだったが、今やそれ自体、まったくめずらしいことではない。

スリップノットストーン・サワーというふたつのバンドのフロントマンを務めているコリィ・テイラーは、今世紀を代表するロック・ボーカリストのひとりであると同時に、作家、俳優としての顔も持ち、映画やコミック・ブックの領域でも活躍してきたが、今回、ついにソロ名義でのデビュー・アルバムを発表した。題して『CMFT』。

チャンピオン・ベルトがあしらわれたアートワークゆえにプロレス団体の名前のようにも見えるが、この4文字が示すのは〈コリー・“マザーファッキン”・テイラー〉であり、これは彼のハイスクール時代からのニックネームでもあるのだという。

そしてステイ・ホーム推奨モードが続く真夏のある日、彼とのリモート取材が実現に至った。画面を通じて目にすることのできる彼は、明らかに上機嫌な様子。このアルバムの出来栄えに心底満足していることが、無言のままでも伝わってくるほどだ。(増田勇一)



コリィ・テイラーの関連記事は現在発売中の『ロッキング・オン』11月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。

スリップノットとストーン・サワー、2大バンドのフロントマンとして君臨するコリィ・テイラー。「自宅待機」から一気に生まれた初ソロ作を豪快に語り尽くした! - 『rockin'on』2020年11月号『rockin'on』2020年11月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする