スラッシュ、メタリカのカーク・ハメットらがロックの殿堂でエディ・ヴァン・ヘイレンを追悼

スラッシュ、メタリカのカーク・ハメットらがロックの殿堂でエディ・ヴァン・ヘイレンを追悼

現地時間11月7日に、米テレビ局HBOと配信サービスHBO Maxにてバーチャルで開催された「ロックの殿堂」の式典で、ガンズ・アンド・ローゼズスラッシュメタリカのカーク・ハメットが、10月6日に65歳で逝去したエディ・ヴァン・ヘイレンを追悼した。

Ultimate Classic Rock」によると、同式典ではエディの功績を称えるコーナーが設けられ、まず、スラッシュが次のようなスピーチをして追悼していたという。

「エディ・ヴァン・ヘイレンは、非常に才能に恵まれたミュージシャンでした。彼のスタイルとサウンドは独自かつユニークで、彼はギター演奏に大きな影響を与えました。 どんな形であれ、1978年以降にエディ・ヴァン・ヘイレンの影響を受けずに、ギターを手にした人はいないと思います。私は彼の演奏と、友人だった彼を恋しく思うでしょう」


そして、カークもスラッシュと同様にエディの偉業を称えている。

「エディの永遠に続く影響は例えようがなく、それほど大きなインパクトを与えたギター・プレーヤーはジミ・ヘンドリックス以来で、私も非常にインスパイアされました。エディは弦の調和という最もシンプルな要素を追求し、それを誰も可能だと思わなかったテクニックの領域へ導きました。まるで彼は、違う惑星から来たかのようでした」


続けて、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロが、エディのことを「現代のモーツァルト」だと称し、「おそらく彼は1世紀に一人誕生するかしないかの才能を誇っていました」と述べていた。

なお、今年度に「ロックの殿堂」入りを果たしたアーティストは、ナイン・インチ・ネイルズデペッシュ・モードホイットニー・ヒューストンドゥービー・ブラザーズ、ザ・ノトーリアス・B.I.G.、T・レックスとなる。



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


スラッシュ、メタリカのカーク・ハメットらがロックの殿堂でエディ・ヴァン・ヘイレンを追悼 - 『rockin'on』2020年12月号『rockin'on』2020年12月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする