コートニー・ラブ、オールナイトでリアム・ギャラガーと遊び、オアシス“Songbird”の初期バージョンを聴かされた想い出を明かす

コートニー・ラブ、オールナイトでリアム・ギャラガーと遊び、オアシス“Songbird”の初期バージョンを聴かされた想い出を明かす

コートニー・ラブが、2000年にリアム・ギャラガーとオールナイトでパーティーを楽しみ、リアムがオアシスの曲“Songbird”初期バージョンを聴かせてくれた想い出をSNSに投稿した。

Radio X」によると、コートニーはInstagramにリアムと一緒に写った画像を投稿し、その夜の出来事について綴っている。


2000年にコートニーがロンドンに滞在した際、米音楽ジャーナリストのJulie Panebiancoと過ごしていたときに「リアムに会いたい」と言うと、Julieがバーでリアムを見つけて連れてきてくれたのだという。

こうしてコートニーとリアムは、Terry Chemicalというグランジ・ロッカーも交えてドラッグ三昧のロックンロールな夜を楽しみ、気が付いたら夜が明け始めていたとのこと。

その頃にはコートニーとリアムは二人きりになり、コートニーが初めて書いたラブソングだという“Hold On to Me”を披露すると、リアムは“Songbird”を演奏してくれたという。その当時のことは次のように綴っている。

「次に彼が、すごく素敵な“Songbird”を演奏してくれたの。ずっと思ってたわ。リアムは才能があるって! ノエルじゃない!ってね(不公平かな。両方とも才能があるわ)。数ヶ月後に革新的な美しさを持ち、ジョージ・ハリスンのような要素もある素敵な“Songbird”がリリースされたの。

だけど、そのバージョンは少しテンポを変えてレコーティングされていて、私にとっては“Songbird”にあった錬金術的なマジックが損なわれていた。それでも愛らしい曲だけど、ロンドンで夜明けに聴いたバージョンが……、今までで最高の曲だったわ」




『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


コートニー・ラブ、オールナイトでリアム・ギャラガーと遊び、オアシス“Songbird”の初期バージョンを聴かされた想い出を明かす
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする