ビリー・アイリッシュ、幼少期にザ・キラーズのある楽曲が「泣くほど好きだった」と語る

ビリー・アイリッシュ、幼少期にザ・キラーズのある楽曲が「泣くほど好きだった」と語る

ビリー・アイリッシュと、その実兄でプロデューサーのフィニアス・オコンネルが、子供時代に抱いていたザ・キラーズへの愛を語っている。

Radio X」によると、現地時間1月28日にラスベガスで開催されたiHeartRadio主催のイベントALTer EGOで、ビリーとフィニアスが“Mr. Brightside”をパフォーマンス。バックステージでインタビューに応えた2人が、『Hot Fuss』に収録された同曲への想いを明かしていたという。

フィニアスは「ザ・キラーズは、僕らが子ども時代にお気に入りだったバンドだ。特にデビュー・アルバムの『Hot Fuss』は“Mr. Brightside”が入ってるし、僕らにとって本当に重要なアルバムだったんだ」とコメント。

続けてビリーが、次のように付け加えている。

「自分の人生に、曲と同じような状況はまったくなかったけど、それでも“Mr Brightside”を車で聴いて何度も泣いてた。ザ・キラーズの音楽は、自分の気持ちに寄り添ってくれていると感じさせてくれた。寄り添ってくれていると思ったことが、自分が本当に感じていることじゃなくてもね。それって最高だよ。ザ・キラーズが大好き」




『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


ビリー・アイリッシュ、幼少期にザ・キラーズのある楽曲が「泣くほど好きだった」と語る - 『rockin'on』2021年2月号『rockin'on』2021年2月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする