リンゴ・スター、グラミー賞授賞式で最優秀レコード賞のトロフィーを手渡したビリー・アイリッシュを改めて称賛

リンゴ・スター、グラミー賞授賞式で最優秀レコード賞のトロフィーを手渡したビリー・アイリッシュを改めて称賛

日本時間3月15日に行なわれた第63回グラミー賞授賞式。そこで最優秀レコード賞に輝いたビリー・アイリッシュにトロフィーを手渡したリンゴ・スターが、改めてビリーを絶賛している。

Alternative press」によると、リンゴは3月19日にリリースされた新作EP『Zoom In』のために行なった記者会見で、ビリーに次のような賛辞を寄せていた。

「日曜のグラミー賞に登壇して、ビリー・アイリッシュに最優秀レコード賞を渡せたのはすごく嬉しかった。彼女は信じられないほど素晴らしいよ。

フィニアス(ビリーの兄)は僕のEPに参加してくれてるんだ。彼女に会えて良かったし、音楽的にも彼女は最高だ。ビリーは美しい人間だね」


リンゴは『Zoom In』で、ビリーの兄であるフィニアス・オコンネルとコラボレートしているが、ビリーとはグラミー賞授賞式で初めて会ったそうだ。同EPにはフィニアスの他に、ポール・マッカートニーデイヴ・グロールシェリル・クロウジェニー・ルイスレニー・クラヴィッツらが参加している。

なお、今年の授賞式でビリーは“everything i wanted”で最優秀レコード賞を、“No Time To Die”で最優秀映像作品楽曲賞を受賞した。



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


リンゴ・スター、グラミー賞授賞式で最優秀レコード賞のトロフィーを手渡したビリー・アイリッシュを改めて称賛 - 『rockin'on』2021年4月号『rockin'on』2021年4月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする