マンチェのスーパー・グループ、フリーベースからアンディ・ルークが離脱

マンチェのスーパー・グループ、フリーベースからアンディ・ルークが離脱

マンチェスターが生んだ3大バンドのベーシスト、ピーター・フック、マニ、アンディ・ルークが一堂に結集したスーパー・バンド、フリーベース。いよいよアルバムもダウンロードでリリースされる予定だが、アンディが早くもユニットからの離脱を表明した。

トリオは元ヘイヴンのゲイリー・ブリッグスをボーカルに立てて、ユニットとしての体制を固めていた模様だったが、バンドのオフィシャルHPによると、アンディはもうグループには関わっていないらしい。

HPによれば、「アンディはグループの立ち上げには当初から関わっていて、EPとアルバムの一部にも参加しています。しかし、現在、ニューヨーク在住であるため、バンドのライブ活動には参加しないことになりました」。

ユニット名もベーシスト3人が揃っていることの駄洒落でもあるようなのだが、バンド名を変更する予定はなさそうだ。

オフィシャルHPによれば、フリーベースのデビュー・アルバム『It's a Beautiful Life』はピーターの運営するサイト、FACT21/Haciendaでダウンロード可能とのことなのだが、まだ、どうやらまだ用意はできていない模様。

詳しくはオフィシャルHPへ→http://freebassuk.com/#/home


(c) NME.COM / IPC Media 2010
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする