リアム・ギャラガー、同日にマンチェスターでライヴを行ったロビー・ウィリアムズを「あんなクソバカのデブ」と呼ぶ

  • リアム・ギャラガー、同日にマンチェスターでライヴを行ったロビー・ウィリアムズを「あんなクソバカのデブ」と呼ぶ
  • リアム・ギャラガー、同日にマンチェスターでライヴを行ったロビー・ウィリアムズを「あんなクソバカのデブ」と呼ぶ - ビーディ・アイ 最新作『BE』

    ビーディ・アイ 最新作『BE』

  • リアム・ギャラガー、同日にマンチェスターでライヴを行ったロビー・ウィリアムズを「あんなクソバカのデブ」と呼ぶ
  • リアム・ギャラガー、同日にマンチェスターでライヴを行ったロビー・ウィリアムズを「あんなクソバカのデブ」と呼ぶ - ビーディ・アイ 最新作『BE』

6月19日にマンチェスターでライヴを行ったビーディ・アイのリアム・ギャラガーは、同じ日にやはりマンチェスターでライヴを行ったロビー・ウィリアムズに対してケチをつけている。

ビーディ・アイは収容人数1500人の会場であるリッツでライヴを行ったが、開演前にBBCラジオの取材を受けたリアムは、6万人収容するマンチェスター・シティFCのホーム・スタジアムであるエティハード・スタジアムで公演を行うロビー・ウィリアムズへの嫌味を口にしてみせた。リアムとロビーと、二人のスターがキャリアをこうして今も享受できているのはどうしてかと訊かれて、リアムはビーディ・アイが「まともなライヴ・バンドだ」と宣言し、「でも、イカサマの方が今は勝ってるんだな」と語ってみせた。

さらにリアムは次のように続けている。
「エティハード3日間なんていう公演は、本来なら俺たちがやってるべきことであって、あんなクソバカのデブのやることじゃないんだよ。どんな道化野郎を連れ出しきたところでたいして変わりゃあしないし。あれが3日公演をやっててね、俺たちみたいなバンドがリッツで1晩限りってほんとに嘆かわしいことだと思うよ。残念だけどね。ロビー云々ってことじゃなくて、人一般の問題だからね、これは。でも、俺がビビってるとか、そんなことを考えてるんなら、別にロビー一人の問題にしたっていいんだぜ」

さらにリアムはその後、次のようにつけ加えた。

「まあ、ちっぽけなライヴだよ。ビーディ・アイはデカいバンドじゃないからね。誰も彼もがみんな、俺たちがファッキン・スタジアムのライヴを発表するとか、そんなことを期待してるんだよね。でも、リッツが今の俺たちのレヴェルであって、みんなもしっかり稼いで俺たちのレコードを買ってくれないと、俺たちもいつまでもそのレヴェルなんだよ」

バンドは今後、22日のグラスコーのABC公演を控えているが、その後はフェスティヴァル出演とヨーロッパ・ツアーに乗り出すことになる。

(c) NME.COM / IPC Media 2013
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする