CUT6月号に増田俊樹が登場。「特『刀剣乱舞-花丸-』〜雪月華〜」公開に先駆け、共に歩んできた加州清光への思いを語り尽くす!

CUT6月号に増田俊樹が登場。「特『刀剣乱舞-花丸-』〜雪月華〜」公開に先駆け、共に歩んできた加州清光への思いを語り尽くす!

5月19日発売のCUT6月号で、増田俊樹さんへの取材を敢行しました!
PCブラウザ・スマホアプリゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を原案としたアニメ『刀剣乱舞-花丸-』で、加州清光を演じている増田さん。今回のインタビューでは、アニメ2期の放送から約3年の時を経て公開される、「特『刀剣乱舞-花丸-』〜雪月華〜」『雪の巻』についてのお話を伺いました。
ゲームでも初期刀として最初から登場している加州清光と、『花丸』で描かれてきた加州清光。「二役を演じる気持ちで臨んでいる」という増田さんの想いを、一部抜粋してお届けします。

『花丸』が始まって、僕の中ではふたつの道を歩み始めた感覚なんです。名前は同じだけど全然違うふたりだと思っています。もともとの基礎は一緒だからこそ、ゲームを収録する時も、『花丸』のほうで収録する時も、ちゃんと違う加州清光で参加しなきゃいけないっていう気持ちは日に日に強くなっていきました


『花丸』の加州清光は、すごくたおやかですよね。ゲームでは、もっと少年らしさとか、未熟な部分、とげとげした面が強いイメージで作っていったんですが、『花丸』では、年齢感としては若いながらも、わりと酸いも甘いも経験してきた上で、何かひとつの物事に対して俯瞰でも見れるし、優しい視点にも立てて。心の広い、優しくて強いキャラクター像に仕上がってきたなあと思います。かっこいいだけじゃないところが『花丸』の加州清光の魅力かなと思いますね


この他にも、増田さん的三部作の見所などなど、たっぷりじっくり語っていただきました!

取材後、オフショットを撮らせてくださいと編集部が声をかけると、「じゃあ『花丸』ポーズで……」と、自らポーズを考案してくれた増田さん。ブログではそんな『花丸』オフショットをお届けしていますが、本誌では、クールに全振りした撮り下ろしを掲載しているので、インタビュー全文と合わせ、ぜひチェックしてみてください。CUT6月号は5月19日、『雪の巻』公開(5月20日)前日の発売です!(山下茜)


ーーー
CUT6月号は現在以下にてご予約可能です。

CUT6月号に増田俊樹が登場。「特『刀剣乱舞-花丸-』〜雪月華〜」公開に先駆け、共に歩んできた加州清光への思いを語り尽くす!
CUT 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

人気記事

フォローする