U2、ニュー・アルバム『Songs Of Experience』のリリースは12月1日に

U2、ニュー・アルバム『Songs Of Experience』のリリースは12月1日に

U2のニュー・アルバム『Songs Of Experience』のリリース日が12月1日になることが明らかになった。

The New York Timesのインタビューの中で、ボノは、本作がヨーロッパやアメリカで起きた一連の選挙結果が反映していることを明かしている。

アルバムには、先日公開された「The Blackout」の他、さきほど解禁された「You’re The Best Thing About Me」、そして『The Joshua Tree』 ツアーで披露された「The Little Things That Give You Away」の他、ケンドリック・ラマーの最新作『DAMN.』に収録されたコラボ曲「XXX.」のU2バージョン(?)が収められているという。同トラックについて、The Timesは、「アメリカと、アメリカという国が移民を歓迎してきた歴史について書かれた曲」と称している。

なお、アルバムには、Royal Bloodの他、ワンリパブリックのRyan Tedder、ジャックナイフ・リー、スティーヴ・リリーホワイトらが参加しているとか。

「The Blackout」はこちらから。
https://www.facebook.com/pg/u2/videos/

「You’re The Best Thing About Me」
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする