ロックの殿堂デヴィッド・バーンがボウイの“フェイム”をカヴァーで幕開け。映像!

ロックの殿堂デヴィッド・バーンがボウイの“フェイム”をカヴァーで幕開け。映像!

NYブルックリンのバークレイズ・センターで、金曜日にロックの殿堂入りのセレモニーが行われた。なんといきなりデヴィッド・バーンによるデヴィッド・ボウイの“フェイム”のカヴァーで幕開けした! 感動。映像がさっそくアップされている。こちら。
http://www.vulture.com/2016/04/david-byrne-does-david-bowies-fame.html

http://pitchfork.com/news/64694-david-byrne-the-roots-and-kimbra-pay-tribute-to-david-bowie-at-2016-rock-and-roll-hall-of-fame-ceremony-watch/

告知されてなかったけど、完璧な始まり方。デヴィッド・バーンのパフォーマンスには、ザ・ルーツとキンブラも参加した。実は彼らは3月にNYで行われたボウイの追悼コンサートにも出る予定だったが、機材の問題で急遽キャンセルしたばかりだった。またセレモニーの中で亡くなった人達を追悼する場面では、ボウイの“ラザルス”が全編で流れ、最後にボウイの写真が紹介された。

ロックの殿堂入りはさすが内容が濃厚で、見どころもたっぷりあったので、追って紹介する予定!
中村明美の「ニューヨーク通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする