ジョン・ウエットン、亡くなる。

ジョン・ウエットン、亡くなる。
癌と長く戦ってきたが、1月31日に亡くなった。
長いキャリアの中で、たくさんのバンドで活躍してきた人だ。だから彼が活動していたどのバンドのファンであるかによって、彼に対するイメージが変わって来る。
ひょっとするとユーライア・ヒープでのジョン・ウエットンが好きな人は、キング・クリムゾンのジョン・ウエットンには興味がないかも知れない。
ロキシー・ミュージックでのジョン・ウエットンが好きな人は、エイジアのジョン・ウエットンには興味がないかも知れない。
しかしジョン・ウエットンが素晴らしいのは、どのバンドの仕事にも彼のリアルと音楽への愛が存在するところだ。こんなミュージシャンは他にいない。
僕にとってのジョン・ウエットンはロキシー・ミュージックとキング・クリムゾンだった。
クリムゾンのライブで、グレッグ・レイクの歌う「エビタフ」が聞きたかったという夢に続いて、ジョン・ウエットンの歌う「スターレス」が聞きたかったという夢も、永久に実現不可能なものになった。
ご冥福をお祈りします。
渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする