ザ・レモン・ツイッグスをフジロックで観る

ザ・レモン・ツイッグスをフジロックで観る
最高だった。アヴァランチーズに続いてレモン・ツイッグスというのは並びとしても絶妙だった。
ポップ・ミュージックにおけるボーダレスとエイジレスをアヴァランチーズが知性で実践しているとするなら、レモン・ツイッグスは既にDNAに組み込まれ実践されている感じだ。
ニューヨーク出身の10代の兄弟が体現するポップ・ミュージックの豊かさと可能性が、肯定的なメロディーと開かれたサウンドとして結実していることに励まされた。最高だった。
渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事

最新ブログ

フォローする