いよいよジャパン・ジャムまで14日。芝も植わり、土埃対策も進んでいます。今までにない快適フェスを目指し爆走中です。

いよいよジャパン・ジャムまで14日。芝も植わり、土埃対策も進んでいます。今までにない快適フェスを目指し爆走中です。
プロデューサーとして、ジャパン・ジャムはロック・イン・ジャパンやカウントダウン・ジャパンとは違うやりがいがあります。
それはまだ完成されてないフェスを参加者の皆さんと一緒に作り上げていくやりがいです。
まだまだ成長過程なので毎年ドラマチックな変化を起こせる楽しみです。
すでフェスブログなどで報告させていただいていますがスカイ・ステージ・エリアや物販エリアが芝化されました。
去年の土埃の原因だった土のグランドが芝になりました。
これで土埃はなくなると思います。そして芝に座ったり寝転んだりして音楽を楽しむ場所も格段に増えました。
本来、ジャパン・ジャムの大きな魅力は暑くもなく寒くもない、1年で一番気持ちのいい季節を野外で音楽と共に楽しむことです。
今年はそれを実現します。
間違いなくドラマチックな変化です。
こんなことを書くと怒られてしまうかもしれませんが、去年のあの土埃を体験した方ほど、このドラマチックな変化を楽しめるかもしれません。無論、初めての方は普通に気持ちのいい空間として芝のグランドを楽しんでいただけると思います。
どのステージも4万人近いキャパの巨大空間なので、ゆっくり芝の上で和ごめると思います。
その他、ジャパン・ジャムにしかない魅力がたくさんあります。
これからこのブログで紹介していきます。
写真は芝の植わったスカイ・ステージ奥からフクダ電子アリーナを見たショット。
本番の時はもっと芝は青くなっていると思います。
渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする