中村哲さん亡くなる

中村哲さん亡くなる
言葉がない…
悲しい…
僕など、本当に少しだけ取材でお話しさせていただいただけで、中村さんについて何かを語る資格などないのだが、お会いする度にその人としての素晴らしさに心を揺らされ、なんとも言えない気持ちになった。僕にとってそうゆう人は中村さんだけだった。
スタッフが亡くなった時、戦場だから人は死ぬのですと言われた言葉が強く心に残っている。きっと誰より悲しまれていたと思うけれど、スタッフの死を悲しみという言葉で終わらせない覚悟が中村さんの言葉にはあった。
短い帰国期間の時、日本でもっとゆっくりしたくないですか?とお聞きしたことがあった。中村さんは早くアフガニスタンに帰りたいと答えられた。それはやるべきことがあるからという意味ではなく、まさにアフガニスタンに居る時間に早く戻りたいという率直な思いからの言葉と僕は感じた。そこに居る時間こそが自分にとってかけがいのない時間なのだ、その中村さんの思いが強く伝わってきた。
本当に残念で、悲しい…
ご冥福をお祈りします。
渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする