ギャング・オブ・フォーのトリビュート・アルバムに収められているカバーはどれも気合いが入ったものばかりだった。その中でもフリーとジョン・フルシアンテのカバーは、ファンには感慨深いものとなった。

ギャング・オブ・フォーのトリビュート・アルバムに収められているカバーはどれも気合いが入ったものばかりだった。その中でもフリーとジョン・フルシアンテのカバーは、ファンには感慨深いものとなった。
レッチリがデビューした時、アンディが「あれはギャング・オブ・フォーのパクりだ」と批判したことは良く知られている。今回、フリーに声をかけたのはアンディ。長い時間はかかったが、わだかまりは溶けた。アンディの死の前に和解が出来たのは、お互いにとって素晴らしいことだったと思う。
フリーは「最後には電話で『アンディ、愛してるよ』と言うことができたんだ。そう言えて嬉しかったよ。和解できて」と言っている。
渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする
洋楽 人気記事

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする