必要とされた時に作る、とロバート・グラスパーが位置付ける「ブラック・レイディオ」シリーズ。その3作目も強い社会への危機感と、メッセージが込められた作品になった。ヒップホップ・ファンにもジャズ・ファンにも

必要とされた時に作る、とロバート・グラスパーが位置付ける「ブラック・レイディオ」シリーズ。その3作目も強い社会への危機感と、メッセージが込められた作品になった。ヒップホップ・ファンにもジャズ・ファンにも

ヒップホップとジャズの融合が、とんでもないパワーを生むことをポップ・シーンに知らしめた功労者の一人だ。たくさんのアウトプットのスタイルを持つアーティストだが、ブラック・レイディオ・シリーズが一番ポップ。
番組でも紹介した「ブラック・スーパーヒーロー」。一瞬でロバート・クラスパーだと分かるピアノのリフが印象的。

渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

人気記事

最新ブログ

フォローする