新曲は、和

KEYTALK『セツナユメミシ』

発売中

KEYTALK セツナユメミシ
ニューシングルのリード曲は、 “セツナユメミシ”というタイトルにふさわしく、ギターフレーズや歌メロに和のテイストが織り込まれているのが特徴だ。ところどころで裏声を使うボーカルが、より切なさを感じさせる。

同曲のようにリード曲には首藤義勝(Vo・B)の作品が選ばれることが多い。だが、『HELLO WONDERLAND』以降のシングルでは、メンバーそれぞれが作り、4人全員の曲を収録したりもしている。今回もそうで、小野武正(G・Cho)はアップテンポでロックな“タイポロジー”、八木優樹(Dr・Cho)はドラマーらしくリズムに変化を持たせた“誓い”、寺中友将(Vo・G)はゆったりとした曲調の“さよならを。夏”を寄せた。そんなふうに色合いの違う曲が集まった結果、シングルでありながらバンドの今の全体像を表した濃密な作品になっている。いずれもひとりで詞と曲を担当することによって各人の個性が浮き彫りになると同時に、互いの曲を理解しあうことでメンバー間の音楽的な結びつきが強まっている印象だ。KEYTALKは、バンドとしてたくましくなっている。(遠藤利明)

最新ブログ

フォローする