峯田、恋とロックの使命に生きる

銀杏BOYZ『恋は永遠』

発売中

銀杏BOYZ 恋は永遠
『エンジェルベイビー』『骨』と続いてきた2017年の連続シングル三部作は、ズバリ「恋とロック」というテーマを持っていた。最新作“恋は永遠”は、そのテーマをど真ん中のスタンダードへと昇華させるナンバーであり、タイトルと曲調だけでも絶大な説得力を誇っている。甘く広がるメロディとサイケなギターのサウンドスケープは、本質的に刹那のきらめきであるはずの恋やロックが、永遠であってほしいと願う手続きとして完璧にデザインされている。山本幹宗(G)、加藤綾太(G)、藤原寛(B)、岡山健二(Dr)というレコーディングメンバーの音が有機的に絡み合いながら、峯田のヴィジョンを増幅させてゆくさまも素晴らしい。峯田は恋やロックの永遠性に疑念を抱き、苛立っているからこそ、渾身の力を振り絞ってそのテーマに取り組む。スタンダードな響きを持つ“恋と永遠”は、実は極めて今日的でオルタナティブな使命感を抱かせるナンバーに仕上げられているのだ。同メンバーによる、豪快で切迫感を帯びたクリープハイプのカバー“二十九、三十”も、熱量においてまったく引けを取らない。(小池宏和)

最新ブログ

フォローする