日々ギリギリのライフワーク

大森靖子『MUTEKI』

発売中

大森靖子 MUTEKI
都度、妥協なき楽曲アレンジを追求して音源を制作してきた大森靖子なのだが、2017年2作目となる今回のアルバムはベーシックな弾き語りを中心に構成されている。自主リリース時代の作品から冒頭の新曲2曲(こちらはバンドアレンジ)まで、楽曲タイトルを見ればオールタイムベストのように思えるところもあるけれど、内実はまったく違う。髪の毛ボサボサで衣服の乱れた朝も、メイクが落ちて足のむくみ切った夜も、日々を掻い潜って生き続ける歌たちを掬い上げてみせるような作品なのだ。そんな姿を魅力的に響かせてしまう楽曲の生命力こそがキモになっている。華やかなドレスを脱ぎ捨てた“絶対彼女”や“マジックミラー”もさることながら、引き攣るようなファルセットボイスで歌われ、咽せ込んでしまう様子までがありのままに録音された“夏果て”が素晴らしい。11月からの弾き語りツアーをより濃密な体験にするはずの、高度なプレイアビリティと生々しい切迫感が剥き出しになった作品だ。全20曲、70分越えのボリュームだけに止まらず、配信特典の楽曲までがたっぷりと用意されている。(小池宏和)

最新ブログ

フォローする