「ライブ」を刷新する、麗しの闘志

椎名林檎『椎名林檎と彼奴等の居る真空地帯』
2018年11月21日発売
Blu-ray&DVD
椎名林檎 椎名林檎と彼奴等の居る真空地帯
椎名林檎 ひょっとしてレコ発2018」として告知されたツアーの真のタイトル=「椎名林檎と彼奴等の居る真空地帯-AIRPOCKET-」がライブ序盤にお披露目される――という大仕掛けの施された今春のホールツアーがいよいよ映像作品化。“おいしい季節”、“重金属製の女”など最新セルフカバーアルバム『逆輸入 〜航空局〜』の楽曲から、“ギブス”、“弁解ドビュッシー”など初期曲に至るまで、デビュー以降の20年史を2018年という時代に咲き誇らせるような選曲はもちろんのこと、楽曲と緻密にリンクした映像演出、随所に盛り込まれた早着替えや妖艶なコスチュームワークに至るまで、まさに微塵の隙もないドラマチックな総合芸術空間。「音楽の演奏という枠組みを超えてライブ表現を劇的に進化させた」という位置付けにおいて、後世まで語り継ぐべき稀代の名演を、今作は余すところなく堪能させてくれる。僕自身、今作に収められたNHKホール公演を実際に現場で体験しているのだが、本編ラストの“人生は夢だらけ”で見せた麗しの絶唱には、何度観ても感情のリミッターを決壊させられる。必見。(高橋智樹)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする