ロックンロールに背中を押されたい

サンボマスター『花束』
発売中
DIGITAL
サンボマスター 花束
昨年からツアーやフェスでも披露され、テレビのCMソングとしてもオンエアされていた“花束”の配信リリース。改めてフル尺で聴いて、最高にかっこいいバンドサウンドだと確信する。そしてやはり歌詞にグッとくる。季節的に、新たな旅立ちを迎える人たちに向けてのエールだと受け取れるのはもちろんのこと、昨今の見通し悪い世の中のことを思えば、今このタイミングでこの曲がリリースされることをとても嬉しく、頼もしく思う。この曲で描かれる歌詞、そこに貫かれた山口隆(唄とギター)の温かな眼差しこそが、私たちに差し出された花束のようにも思えるが、この歌で彼は、私たち自身が「花束」なのだと歌う。そしてこれこそが、人生の主人公は「あなたがた」自身であることを常に伝え続けてきた山口のブレない誠実さなのだ。《ボクたちは たくさんのさびしさ悲しさを/抱きしめたけど 今日から変わるの》という歌詞には思わず泣きそうになる。キレのいいシャッフルビートはクールかつエモーショナル。そして《あなたが花束》のリフレイン。サンボマスターのロックンロールはやっぱりかっこいい。(杉浦美恵)
公式SNSアカウントをフォローする

邦楽 人気記事

最新ブログ

フォローする