6色の歌声を活かして生むスリル

BiSH『in case...』
発売中
DIGITAL
BiSH in case...
ボーカルのプロデュースが実に大胆で的確であるというのは、BiSHについて語るうえで重要なポイントだと思う。6人各々のボーカルをキャラ立ちさせまくり、時には個性を殺さない形での抑制も施し、本人は無自覚だった唯一無二の声を引き出したりもしながら、絶妙な歌声のコンビネーションを構築しているのがBiSHなのだ。様々な楽器のフレーズ、音色、響きの繊細な匙加減でバンドサウンドを構築するのと同様の視点で6人の歌声を組み立てているという点でも非常にロックバンド的な発想でプロデュースされているグループなのである――という言い方もできるだろう。TVアニメ『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』のオープニングテーマ“in case...”も、そういう曲になっている。どことなく緊張感を漂わせる爆音に多彩でドラマチックな色合いを与えている6人の歌声は、耳を傾けているとワクワクする。複数のボーカリストがいるガールズグループだからこそ生み出せる刺激的な音を鳴らしている点でも、「楽器を持たないパンクバンド」という彼女たちのコンセプトはしっかりと具現化されているのだ。(田中大)

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする