サカナクションの中心でポップと叫ぶ

サカナクション『僕と花』
2012年05月30日発売
SINGLE
サカナクション 僕と花
基本的にサカナクションは「実験」で曲をリリースしないバンドだと思っている。これまで、どんなにアバンギャルドな曲をリリースしても、どんなにロックのフォーマットを更新する斬新な曲を書き上げても、山口一郎は投げやりに「これは実験」だと割り切ってしまうことは一度たりともなかった。これまで僕は、ポップミュージックに携わる彼のプライドこそが、サカナクションを単なるエクスペリメンタルなロックバンドと分け隔てているのだと思っていた。しかし、この“僕と花”を聴いた後、その認識が一転する。山口自身がサカナクションをポップに寄せているのではない。山口の中には、既にポップなDNAがビルドインされているのだ。この構成と音数で、ギリギリのエンターテインメント感を捻り出すのは、サカナクション以外不可能である。もはや計算や戦略で、この境界を描き出すことはできない。そもそも、いくら医療ドラマの主題歌だからって、《僕の目 ひとつあげましょう だからあなたの目をください》で始まる歌なんて普通は成立しない。唯一の例外、それがサカナクションだ。(徳山弘基)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする