藤子Fワールドを解釈するPerfume

Perfume『未来のミュージアム』
2013年02月27日発売
SINGLE
Perfume 未来のミュージアム
3月から公開される映画『ドラえもん』の主題歌として制作されたニュー・シングルは、映画の表題を踏まえながらワクワクするような世界に誘ってくれる楽曲となった。Perfumeと未来的なイメージは元々すこぶる相性が良いけれど、肩肘張った「未来っぽさ」の押しつけというよりも、むしろこれまで以上にタイムレスなガールズ・ポップになっていて、瑞々しいコーラスのフックが心地よく響く。本稿執筆時点で部分的に公開されている、Perfumeが『ドラえもん』の世界に入り込んだレトロ・フューチャー感覚のPVといい、制作陣の『ドラえもん』観にはなるほど、と唸らされる。『ドラえもん』単行本風の、藤子プロによる初回限定盤アートワークもかわいくて困る。
 
カップリングの“だいじょばない”のほうがPerfume流ダンスポップの歴史を継承しているわけだが、タイトルからして作詞家としての中田ヤスタカが爆発している。この癖のあるキー・フレーズをリフレインさせ、3人の歌声が小気味よく弾けるさまが痛快極まりない。だいじょばないのに生活の推進力をもたらしてしまう、マジカルな一曲だ。(小池宏和)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする