KEYTALK
傑作『PARADISE』発売記念、
誌上打ち上げ&アルバム全曲解説

2017年3月15日にリリースされ、オリコンウィークリーチャートで初登場2位を記録したKEYTALKのニューアルバム『PARADISE』。KEYTALKの4人にしか描き出せないロックバンドの姿を表現しきった最高傑作の完成を祝して、2017年3月30日(木)発売の『ROCKIN'ON JAPAN』5月号では屋形船で東京湾に繰り出しての誌上打ち上げ、そしてアルバムの隅の隅まで語り尽くす全曲解説インタビューを掲載。ここではその中からメンバーの発言の一部を先行してお届けする。

インタビュー=小栁大輔 撮影=YAMA 山添雄彦(mili)

(歌詞は)ほんと好き勝手やってる感じですね。見たことないものを作りたいです、詞も曲も。聴いたことも見たこともない、かつ、どの時代においても当てはまるような普遍的なものをテーマにしてます(小野武正/G・Cho)

(“秘密”は)八木氏、完全に俺じゃないと歌えない言葉を並べてきたなあって思った。こういうふうに歌ったらたぶん八木氏の想像通りになるんだろうなあとか、歌の入れ方もわかるようになってきましたね(寺中友将/Vo・G)

(“Combat Song”は)初めて歌詞を作った曲だし、ふたりのストーリーを作っていきたいなと思った最初の曲でもあるので。ライブでもふたりが掛け合ってくるのが闘ってるように聞こえて、気持ち入って走っちゃいます(八木優樹/Dr・Cho)

今ちょうどいいところにいるのかもしれないですね。前だったら、たぶんこの曲(“boys & girls”)で飛び跳ねて盛り上がってほしいって言ってたと思うんですけど。ゆったりだけどしんみりしすぎない、まさに今そういうところに落とし込めるようになったのかなっていうのは思います(首藤義勝/Vo・B)

すでに完成したこのアルバムを聴いてほしいっていうより、次これからのKEYTALK見てくれっていうほうが強いのかもしれないです。アルバムはもちろん聴いてほしいんですけど、ここからもっとすごいんですよっていう、予告編でしかないので(武正)

続きは2017年3月30日(木)発売のロッキング・オン・ジャパン5月号で!

ロッキング・オン・ジャパン
  • ROCKIN’ON JAPAN 2017年5月号

エレファントカシマシ、祝・デビュー30周年! 孤高のロックバンドからみんなのエレカシへ――宮本浩次が選ぶ「エレカシ10大事件簿」、宮本の2万字再録、30年分の宮本語録、27名のアーティストが綴る「俺とエレカシ」アンケート、さらに両面ポスター付きの大特集で、エレカシの30年を祝い尽くす永久保存版!!

  • ●RADWIMPS
    3年ぶりのワンマンツアー「Human Bloom Tour 2017」、横浜アリーナ初日を目撃! バンドはじまりの地で何が起きたのか?
    ●UNISON SQUARE GARDEN
    アルバム『Dr.Izzy』後初の新曲“Silent Libre Mirage”誕生。バンドの次の一手を3人で語る!
    ●KEYTALK
    2号連続・後編! アルバム『PARADISE』発売を祝して、屋形船で打ち上げ開催&全曲解説インタビュー!
    ●スピッツ
    「SPITZ JAMBOREE TOUR 2016“醒 め な い”」最終日、倉敷公演で観た「スピッツの魔法」を独占レポート!!
    ●ASIAN KUNG-FU GENERATION
    トリビュートアルバム、そして新たな王道シングル『荒野を歩け』――20周年の先の未来を、ゴッチが語る
    ●amazarashi
    ついに実現! 初めて生い立ちを語る秋田ひろむ2万字インタビュー!
    ●9mm Parabellum Bullet
    これぞ最新の9mmだ! ニューアルバム『BABEL』に宿る覚悟を、卓郎&滝が語る!
    ●クリープハイプ
    尾崎世界観、勝負のニューシングル『イト』に託した予感と希望を語る
    ●WANIMA
    たまアリワンマン大成功! 最強の楽しさが彩った一夜を観た!
  • ●雑誌コード:09797-5
  • ●発売日:3月30日
  • ●定価:617円(+税)
詳細はこちら
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする