フリーのベーシスト、アンディ・フレイザーが他界

フリーのベーシスト、アンディ・フレイザーが他界 - フリー 1970年作『ファイアー・アンド・ウォーター』フリー 1970年作『ファイアー・アンド・ウォーター』

フリーのベースのアンディ・フレイザーが他界した。アンディはがんとエイズとの闘病を続けていたが、直接の死因は明らかになっていない。アンディはロンドン出身だが、カリフォルニアにある自宅で3月16日に息を引き取ったという。享年62だった。

アンディはエリック・クラプトンやミック・テイラーらも在籍したジョン・メイオール率いるザ・ブルースブレイカーズで活躍した後、まだ15歳だった1968年にポール・ロジャースらとともにフリーを結成した。

フリーでは1970年の大ヒット曲"オール・ライト・ナウ"を共作するなど活躍したが、72年に脱退してギタリストのクリス・スペディングとザ・シャークスを結成した。その後はアンディ・フレイザー・バンドも結成したが、やがてアメリカに渡り、ロバート・パーマー、ジョー・コッカー、ロッド・スチュワートらに楽曲を提供していた。

アメリカのブルース・ロック・ギタリストのジョー・ボナマッサは次のように追悼ツイートしている。

「アンディ・フレイザーの訃報を知ってとてつもなく悲しい。最も偉大なミュージシャンの一人だったし、友人と呼べる間柄だったことを誇りに思っています」

昨年グライド誌の取材でアンディは人身売買の撲滅活動を支援するロック・アゲインスト・トラフィッキングに加わっていることを次のように語っていた。

「これはどうしてもやらなければならない活動のひとつなんだよ。どうしても目を背けることのできない使命みたいなものなんだ。一度知ったら、もう知らないふりをしてディズニーランドのままだという顔をしてはいられないんだよ。ぼくたちが関わっている大きな、大きなプロジェクトで、とても実のある活動になっていくと思ってるよ。各国の政府にも関わってもらうつもりだし。みんなの顔につきつけていくつもりだから」

1970年のテレビ出演した際のフリーの"オール・ライト・ナウ"はこちらから。
https://www.youtube.com/watch?v=mg2Nc178JIo

(c) NME.COM / IPC Media 2015
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする