システム・オブ・ア・ダウン、新作制作に取りかかっていることが明らかに

システム・オブ・ア・ダウン、新作制作に取りかかっていることが明らかに - 05年作 『メズマライズ』05年作 『メズマライズ』

システム・オブ・ア・ダウンのベースのシャヴォ・オダジアンは、バンドが10年ぶりとなる新作制作に取りかかっていることを明らかにしている。

バンドは2011年に再結成してライヴ活動を続けているが、新作についてはいったん活動休止に入った2005年に『メズマライズ』と『ヒプノタイズ』をリリースしたきりとなっている。

音楽サイトのマッドキャップ・ミュージック・レヴューの取材に応えたシャヴォは新作制作に取りかかる予定などはあるのかという問いに次のように答えてみせている。

「もうスタジオに入ってみたんだよ。曲を書いてるところなんだ。まだバンドの内々でしか聴いてないんだけど。でも、バンドを一緒にやるってことの原点に戻ってみてるんだよ」

なお、今年に入ってからサージ・タンキアンは次のように新作制作の可能性について語っていた。

「そういう話はあるし、今回のツアーをまずはやって、戻ってきたら自分たちの様子を見るって感じかな。システムに向いた楽曲がその時出来てるか、ぼくに書けてるか、あるいはダロン(・マラキアン)に書けてるかどうかによるね。一緒にまた作業をやるだけの風通しのよさはあるけど、特に今発表できるような計画や予定があるわけじゃないんだ」

また、バンドは1915年に当時のオスマン・トルコで起きたとされるアルメニア人大虐殺から100年の節目となることを受け、今年4月からヨーロッパ・ツアーを行う予定になっていて、アルメニアでも初となるライヴを実現させることになっている。ヨーロッパ・ツアー後には夏以降に北アメリカと南アメリカ公演を計6公演予定している。

(c) NME.COM / IPC Media 2015
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする