星野 源、漲る「生命力」を高らかに歌う最新作『SUN』をJAPANで語る

  • 星野 源、漲る「生命力」を高らかに歌う最新作『SUN』をJAPANで語る
  • 星野 源、漲る「生命力」を高らかに歌う最新作『SUN』をJAPANで語る
  • 星野 源、漲る「生命力」を高らかに歌う最新作『SUN』をJAPANで語る
  • 星野 源、漲る「生命力」を高らかに歌う最新作『SUN』をJAPANで語る

2015年5月27日に8thシングル『SUN』をリリースした星野 源。現在発売中の『ROCKIN’ON JAPAN』7月号では、星野 源が今作を語るロングインタヴューが掲載されている。

「わりともう今は、日常系とか言われてもOKみたいな(笑)。これ俺好きなんだよってバッて出す。自分を信用できるようになった」

前作『Crazy Crazy/桜の森』と一貫したモードの中で生まれたという今作。理由なく盛り上がる、楽しいというものを作りたかったという星野だが、『SUN』がこれほどの煌きを放つ高純度なJ-POPになるまでに、どのような思いがあったのだろうか。

「『俺たちはひとりだろ、この野郎』っていうのはもう終わったっていうか、それはもういいじゃないかと、だからこそ手を取り合っていこうよって」

ひたすらにポジティヴな「生命力」を追求した『SUN』、そして“星野 源らしさ”を紐解く必読のインヴューとなっている。

『ROCKIN'ON JAPAN 2015年7月号』の詳細はこちら。
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする