水樹奈々、CUT8月号で「歴史を変えた10曲」を語るインタビュー!

  • 水樹奈々、CUT8月号で「歴史を変えた10曲」を語るインタビュー!
  • 水樹奈々、CUT8月号で「歴史を変えた10曲」を語るインタビュー!
  • 水樹奈々、CUT8月号で「歴史を変えた10曲」を語るインタビュー!
  • 水樹奈々、CUT8月号で「歴史を変えた10曲」を語るインタビュー!

7月22日にアニメ『戦姫絶唱シンフォギアGX』の主題歌であり、キャリア33枚目のシングルである『Exterminate』をリリースした水樹奈々のロングインタビューが、発売中のCUT8月号に掲載されている。「音楽がアニメの夢を叶えた」という巻頭特集の中で、水樹奈々は15周年を迎えたキャリアを総括する「水樹奈々の歴史を変えた10曲」というテーマで、楽曲ごとにその歩みを振り返って語っている。

「“Monologue”はとてもシンプルな曲なんですけど、今歌うとあの世界観にはならないと思います。18歳のわたしが歌うからこそ、あの“Monologue”が完成しているんだと思います」

たとえばメジャーデビュー前の1曲として挙げられた、声優として参加したゲームのキャラクターソングであった“Monologue”への思いも、彼女はこのように率直に語っている。
インタビューで水樹奈々に語ってもらった10曲のリストは下記のようになっている。

“Monologue”
“想い”
“POWER GATE”
“あの日夢見た願い”
“innocent starter”
“ETERNAL BLAZE”
“SUPER GENERATION”
“深愛”
“PHANTOM MINDS”
“約束”

いまやドーム級の動員力を誇り、その正確無比なパフォーマンスと誠実なコミュニケーションで破格のスケールを保つ表現者・水樹奈々は、いったいどのように「水樹奈々」になったのか。単純に「成長」と呼ぶにはあまりに鮮やかなその軌跡を一気に振り返る、まさに15周年の節目にふさわしい必読の記事になっている。

CUT 2015年8月号 詳細はこちら。
http://ro69.jp/product/magazine/detail/127430
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする