ビョークの新作には「誰もが吹っ飛ばされるはず」、トライ・アングルのオーナー語る

ビョークの新作には「誰もが吹っ飛ばされるはず」、トライ・アングルのオーナー語る - (c)2015 Inez and Vinoodh. Image courtesy of Wellhart/One Little Indian(c)2015 Inez and Vinoodh. Image courtesy of Wellhart/One Little Indian

ビョークが早くも新作制作に取りかかっていることをジ・ハクサン・クロークのレーベル・オーナーが明らかにしている。

ビョークは最新作『ヴァルニキュラ』にプロデューサーとして参加したジ・ハクサン・クロークのレーベル、トライ・アングルとコラボレーションを数々重ねてきたことから、レーベル・オーナーのロビン・キャロランとも親交が深いことで知られている。そのロビンが自身のインスタグラムで次のように明かしている。

「ずっといいたいことがあってそれが気になっていたからここで打ち明けさせてもらうけど。ぼくはかねてから、ビョークって本当に自分の作品の制作を仕切っているのかと訊かれることが多いんだ。答えは単純で、その通りということだよ。ビョークの作品ではビョークがボスなんだ。100パーセントね。ビョークが作曲して、プロデュースして、アレンジをほどこして、歌うんだ。自身のヴィジョンをより効果的に作り出すために人を連れてくることもあるけど、まずそもそもからしてそのヴィジョンはビョークのものなんだからね」

「みんな(みんなってこれがいつも男なんだけど)にはわかってもらう必要があるんだけど、ビョークには別に誰の助けも必要はないんだよ。女性としてどれだけ素晴らしい音楽を作り続ければ、そういうくだらない思い込みも改められるのかな? それとビョークの新曲群にはみんな吹っ飛ばされるはずだから。それじゃね」

ロビンのインスタグラムはこちらから。

最新ブログ

フォローする