ザ・ビートルズ、1962年の秘蔵デモ盤が1200万円で落札される

ザ・ビートルズ、1962年の秘蔵デモ盤が1200万円で落札される

1962年に製造されたザ・ビートルズのデモ盤がオークションに出品され、7万7500ポンド(約1240万円)の高値で落札されたことが明らかになっている。

このレコードは“Till There Was You”と“Hello Little Girl”が収められた10インチ78回転のアセテート盤で、もともとの音源は彼らが参加した1962年1月1日のデッカ・レコードのオーディションで収録されたものだという。オーディション落選後、マネージャーのブライアン・エプスタインが英ロンドン、オックスフォード・ストリートのHMVに音源を持ち込み、そこでプレスされたこのアセテート盤がジョージ・マーティンの手に渡ったことで、バンドはパーロフォン・レーベルとのレコーディング契約、そして以降の世界的な大ブレイクのきっかけを掴んだと伝えられている。

なお、レコード・レーベルはエプスタインの手書きによるもので、“Till There Was You”のアーティスト名は「Paul McCartney & The Beatles」、また“Hello Little Girl”についてはタイトルが「Hullo, Little Girl」、アーティスト名は「John Lennon and the Beatles」とそれぞれ書き込まれているという。

エプスタインはマーティンから返却されたデモ盤を1963年にジェリー&ザ・ペースメーカーズのレス・マグワイアに譲り渡したというが、レコードはその後50年以上に亙ってレスの自宅の屋根裏に眠り続けることになり、コレクターの間では「聖杯」とも称される存在となっていた。

今回「The Beatles Auction 2016」を開催した英オメガ・オークションによれば、落札者は匿名の英国人コレクターだという。

「The Beatles Auction」の出品物紹介ページはこちらから。
http://www.omegaauctions.co.uk/BeatlesAuction.php

最新ブログ

フォローする