ビヨンセ、アデル、ジャスティン・ビーバーなど、グラミー賞コンピ・アルバム『2017 GRAMMY(R)ノミニーズ』が本日リリース

ビヨンセ、アデル、ジャスティン・ビーバーなど、グラミー賞コンピ・アルバム『2017 GRAMMY(R)ノミニーズ』が本日リリース - 『2017 GRAMMY(R)ノミニーズ』1月20日(金)発売『2017 GRAMMY(R)ノミニーズ』1月20日(金)発売

2月13日(日本時間)に開催される第59回グラミー賞授賞式だが、それに先駆けてグラミー賞の主要ノミネート楽曲を収録した『GRAMMY(R)ノミニーズ』の2017年版が、本日1月20日(金)に世界同時リリースされた。

9部門にノミネートされたビヨンセや、アデル、ジャスティン・ビーバー、トゥエンティ・ワン・パイロッツなど、2016年に活躍したアーティストによる全21曲入りのコンピレーション・アルバムとなっている。

『2017 GRAMMY(R)ノミニーズ』特設サイト
http://wmg.jp/grammynominees/2017/

リリースの詳細は以下の通り。

●アルバム情報
ヴァリアス・アーティスツ
『2017 GRAMMY(R)ノミニーズ』
発売日:2017年1月20日(金)
品番:WPCR-17627(CD)
税抜価格¥2,500

iTunes Store:
https://itunes.apple.com/jp/album/2017-grammy-nominees/id1191881806?app=itunes&at=10l6Y8

■収録曲
1. BEYONCÉ / ビヨンセ
"Don’t Hurt Yourself" Feat. Jack White / ドント・ハート・ユアセルフ Feat. ジャック・ホワイト
年間最優秀アルバム

2. TWENTY ONE PILOTS / トゥエンティ・ワン・パイロッツ
Stressed Out / ストレスド・アウト
年間最優秀レコード、最優秀ポップ・パフォーマンス(グループ)

3. SIA / シーア
"Cheap Thrills" Feat. Sean Paul / チープ・スリルズ Feat. ショーン・ポール
最優秀ポップ・パフォーマンス(グループ)

4. DRAKE / ドレイク
"Hotline Bling" / ホットライン・ブリング
年間最優秀アルバム

5. ADELE / アデル
"Hello" / ハロー
年間最優秀レコード、年間最優秀アルバム、最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ)、最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム

6. JUSTIN BIEBER / ジャスティン・ビーバー
"Love Yourself" / ラヴ・ユアセルフ
年間最優秀アルバム、最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ)、最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム

7. THE CHAINSMOKERS / ザ・チェインスモーカーズ
"Closer" Feat. Halsey / クローサー Feat. ホールジー
最優秀新人賞、最優秀ポップ・パフォーマンス(グループ)

8. KELSEA BALLERINI / ケルシー・バレリーニ
"Peter Pan" / ピーター・パン
最優秀新人賞

9. MAREN MORRIS / マレン・モリス
"My Church" / マイ・チャーチ
最優秀新人賞、最優秀カントリー・パフォーマンス(ソロ)、最優秀カントリー楽曲

10. STURGILL SIMPSON / スタージル・シンプソン
"Brace For Impact (Live A Little)" / ブレース・フォー・インパクト(リヴ・ア・リトル)
年間最優秀アルバム

11. ANDERSON .PAAK / アンダーソン・パーク
"Am I Wrong" Feat. ScHoolBoy Q / アム・アイ・ロング Feat. スクールボーイQ
最優秀新人賞

12. DEMI LOVATO / デミ・ロヴァート
"Confident" / コンフィデント
最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム

13. ARIANA GRANDE / アリアナ・グランデ
"Dangerous Woman" / デンジャラス・ウーマン
最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ)、最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム

14. KELLY CLARKSON / ケリー・クラークソン
"Piece By Piece (Idol Version) " / ピース・バイ・ピース(アイドル・ヴァージョン)
最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ)

15. LUKAS GRAHAM / ルーカス・グラハム
"7 Years" / セブン・イヤーズ
年間最優秀レコード、最優秀ポップ・パフォーマンス(グループ)

16. CARRIE UNDERWOOD / キャリー・アンダーウッド
"Church Bells" / チャーチ・べルズ
最優秀カントリー・パフォーマンス(ソロ)

17. KEITH URBAN / キース・アーバン
"Blue Ain’t Your Color" / ブルー・エイント・ユア・カラー
最優秀カントリー・パフォーマンス(ソロ)、最優秀カントリー楽曲

18. BRANDY CLARK / ブランディー・クラーク
"Love Can Go To Hell" / ラヴ・キャン・ゴー・トゥ・ヘル
最優秀カントリー・パフォーマンス(ソロ)

19. THOMAS RHETT / トーマス・レット
"Die A Happy Man" / ダイ・ア・ハッピー・マン
最優秀カントリー楽曲

20. MIRANDA LAMBERT / ミランダ・ランバート
"Vice" / ヴァイス
最優秀カントリー・パフォーマンス(ソロ)、最優秀カントリー楽曲

21. TIM McGRAW / ティム・マグロウ
"Humble And Kind" / ハンブル・アンド・カインド
最優秀カントリー楽曲

※各受賞については本国プレスリリースより引用(一部抜粋あり)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする