グレイトフル・デッド、RFKスタジアム・ライブ初公開。ジェリー・ガルシア生誕75周年

グレイトフル・デッド、RFKスタジアム・ライブ初公開。ジェリー・ガルシア生誕75周年

8月1日、グレイトフル・デッドのジェリー・ガルシアの誕生日に合わせ、今年で開催7回目を迎える毎年恒例の映画上映イベント「Meet-Up at the Movies」が行われた。
ジェリー・ガルシアは1995年に亡くなっており、8月1日が75回目の誕生日だった。

イベントでは初公開となった1989年のRFKスタジアム(ロバート・F・ケネディ・メモリアル・スタジアム)でのコンサートの様子が上映されたという。このコンサートの1曲目に披露されたのは“Touch of Grey”で、生前のジェリー・ガルシアとブレント・ミッドランドが演奏を行っている。

http://content.jwplatform.com/previews/ck4H7CMP-necgKPaX

なお、このイベントに合わせ、グレイトフル・デッドはRFKスタジアムでのコンサートの音源を収めた6枚組のボックス・セットをリリースする。
10月11日の発売となるこのボックス・セットの中には、ジャスティン・ヘルトンのアートワークをはじめ、ライターであり映画の制作も行っているというディーン・バドニックのライナーノーツも収められている。

ボックス・セットについての詳細は、グレイトフル・デッドの公式ウェブストアで確認することができる。

最新ブログ

フォローする