アノーニ、大野慶人とのコラボレーション公演のため12月に来日

  • アノーニ、大野慶人とのコラボレーション公演のため12月に来日 - Photo by Naoya Ikegami

    Photo by Naoya Ikegami

  • アノーニ、大野慶人とのコラボレーション公演のため12月に来日 - Photo by Sebastian Mlynarskicmyk

    Photo by Sebastian Mlynarskicmyk

  • アノーニ、大野慶人とのコラボレーション公演のため12月に来日 - Photo by Nourit Sekine

    Photo by Nourit Sekine

  • アノーニ、大野慶人とのコラボレーション公演のため12月に来日 - Photo by Naoya Ikegami
  • アノーニ、大野慶人とのコラボレーション公演のため12月に来日 - Photo by Sebastian Mlynarskicmyk
  • アノーニ、大野慶人とのコラボレーション公演のため12月に来日 - Photo by Nourit Sekine

12月15日(金)から12月23日(土) の間、寺田倉庫にて『Dance Archive Project in Tokyo 2017「たしかな心と眼」 ウィリアム・クライン×大野慶人×アノーニ』が開催される。

「Dance Archive Project」はアーカイブ資料の多角的活用と新たな体験の創出を目的に、舞踏とその影響を受けたアーティストの活動を展覧会の形で提示するというもの。
会期中には写真家ウィリアム・クラインが 1961 年の東京で舞踏の創始者たち(土方巽、大野一雄、大野慶人)を撮影した写真約 600 点を用いた VR 作品などが展示されるという。

同プロジェクトの一環として、12月21日(木)、22日(金)に行われる「たしかな心と眼」では舞踏家の大野慶人とアノーニのコラボによるライブ・パフォーマンスが行われる。

アノーニは本公演について「大野一雄との出会いによって、自分自身の中に聖なる幼児を発見し、その子を育て、抱きしめ、守ることが自らの願いになった」とコメントしている。

2010年の東京、2012年ロンドン、2015年サンパウロに続く4度目のコラボレーションとなり、2人が国内で再会するのは2010年に草月ホールで行われた「Antony and the Ohnos」以来7年ぶりだという。

Antony and the Johnsons - The Spirit Was Gone

パフォーマンスの詳細は以下の通り。

最新ブログ

フォローする