ポールがビートルズのためだけに作った65年の貴重なテープが発掘。『ラバー・ソウル』直後に制作

ポールがビートルズのためだけに作った65年の貴重なテープが発掘。『ラバー・ソウル』直後に制作

ポール・マッカートニーによる貴重なクリスマス仕様のミックス・テープが発掘された。1曲目のナット・キング・コールの“Unforgettable”を取って『Unforgettable』と題された6曲収録のミックス・テープは、ザ・ビートルズのメンバーへのプレゼントとして作られたもので、世界に4枚しか存在していない。このテープは1965年に作られたものだが、これまでそのすべてが紛失されたものだと思われていたのだという。

音源はYouTubeで聴くことができる。
https://www.youtube.com/watch?v=aOoHlpf6hBQ

「Rolling Stone」によると、ポール自身が過去のインタビューの中でこのテープについて言及。「クレイジーで、メインストリームからはちょっと外れてる感じ。ビートルズのメンバーのためだけに作ったものなんだ。夜遅い時間に聴くと楽しいだろうね」と説明していたという。

なお、このテープは『ラバー・ソウル』のリリースの数週間後に作られたものだと言われている。ポールが当時のガール・フレンド、ジェーン・アッシャーの家族の持ち家に住んでいた時期で、家に1人でいる時間が長かったためよくミックス・テープを作っていたのだとか。

ポールは当時について、「とても自由で、自分だけのために好きなように時間を使えた。系統立っているようでそうでもない時間をね。赤ちゃんのために朝起きないといけないわけでもなかったし、そういう縛りは何一つない時期だったから。だから一日中座って、ちょっとしたテープを作ってたんだよ」と語っている。

なお、生前のジョージ・ハリスンも『Unforgettable』について以下のように語っていたことがあったようだ。

「風変わりなんだけど、すごく包括的。ジョンとリンゴと僕はこれを聴いて、ポールが新しいことを始めようとしてるんだなってことに気づいたよ。ポールは、僕たちがこれから電子的な音をもっと使っていかないといけないってことに気づかせてくれたしね」

そしてその翌年、1966年にザ・ビートルズは『リボルバー』をリリース。バンドにとって初めてのサイケデリック・ナンバーとなった“Tomorrow Never Knows”で使用されているカセットテープのループには、ポールが自宅で作っていたミックス・テープが使われている。

『Unforgettable』のプレイリストは以下。

Unforgettable - Nat King Cole
Someone Ain't Right - Peter & Gordon
I Get Around - The Beach Boys
Heat Wave - Martha and the Vandellas
Don't Be Cruel - Elvis Presley
Down Home Girl - The Rolling Stone
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする