毛皮のマリーズ史上最も「悪魔」的な作品『Faust C.D.』10周年記念アナログ盤リリース

毛皮のマリーズ史上最も「悪魔」的な作品『Faust C.D.』10周年記念アナログ盤リリース - 『Faust E.P.』『Faust E.P.』
毛皮のマリーズの1stミニアルバム『Faust C.D.』発売10周年を記念した10インチアナログ盤が、タイトルを『Faust E.P.』と改め1000枚限定プレスで4月21日(土)にリリースされる。

志磨遼平(現ドレスコーズ)の主宰するイエスレコードからリリースされる今作『Faust E.P.』は、一昨年の1stアルバム『戦争をしよう』、昨年の2ndアルバム『マイ・ネーム・イズ・ロマンス』に続く「発売10周年記念アナログ盤」の第3弾。前2作のフルアルバムが12インチ(LP盤)仕様であったのに対し、6曲入りのミニアルバムである今作は初の10インチ/クリアバイナル仕様となっている。

毛皮のマリーズはかつて志磨遼平(現ドレスコーズ)、越川和磨(現THE STARBEMS他)、栗本ヒロコ、富士山富士夫が在籍し、2011年9月の6thアルバム『THE END』の発表と共に解散したロックンロールバンド。2008年にリリースされた『Faust C.D.』は“ジャーニー”、“ハートブレイクマン”、“おはようミカ” といったナンバーが収録されている。

なお、今作はPCI MUSICオンラインショップ初回特典として2008年リリース時のフライヤーが先行予約400枚にのみ封入される。


【志磨遼平 コメント】
本作は10年前、『マイ・ネーム・イズ・ロマンス』とほぼ同時期に制作された6曲入りのミニ・アルバムです。当時のぼくらはメチャクチャなエピソードにだけは事欠かず、ライブ中にメンバー同士がケンカを始めるわ、ぼくは1曲歌って勝手に帰るわ(そのまま失踪)で、そんな悪態がまた噂を呼んでライブの集客だけがどんどん増えていく中、バンドはボロボロの壊滅寸前でした。もう解散だ、解散! とぼくが一方的に宣言し、決別のしるしとして“ジャーニー”を書いたところから始まった制作は、紆余曲折を経て異形のアルバム『Faust C.D.』として完成。『マイ・ネーム・イズ〜』を初期の代表作とするならば、バンド史上最も禍々しい《ダークサイド・オブ・マリーズ》が本作であります。


公式SNSアカウントをフォローする
フォローする