ジャック・ホワイト、ストライプスは「ソロ・プロジェクトとも言える」? バンドのイメージについて語る

ジャック・ホワイト、ストライプスは「ソロ・プロジェクトとも言える」? バンドのイメージについて語る - Photo by David James SwansonPhoto by David James Swanson

3月23日に新作『ボーディング・ハウス・リーチ』のリリースを控えるジャック・ホワイト「Rolling Stone」のインタビューに答えた際、2011年に解散したザ・ホワイト・ストライプスについて語っていたことが分かった。


ホワイト・ストライプスをはじめ、ザ・ラカンターズザ・デッド・ウェザーといったプロジェクトを抱えるジャック・ホワイトだが、自身で作曲をする際にはそれぞれのプロジェクトに沿うように作風を変えているのだという。

そこで、今ホワイト・ストライプス用の楽曲を思いついてしまったらどうするのか、と尋ねられたジャックは笑いながら以下のように答えている。

それは起こりそうにないけど。ホワイト・ストライプスのイメージについて、人にどう思ってほしいっていうのはない。どんなイメージを持ってもらってもいいんだけど、こう言ってしまうこともできるだろうね。ホワイト・ストライプスはジャック・ホワイトのソロ・プロジェクトだって。

バンドには2人しかいないんだ。俺が曲を書いて、プロデュースして、運営もしていた。メロディーはどっちかが考えて、リズムはメグの担当だった。

人っていうのは、与えられたイメージで物事を判断しようとするよね。ビリー・コーガンがもし、自分のソロ・アルバムのことをスマッシング・パンプキンズのアルバムって言ったら、きっと(ソロの)2倍ぐらい多く売れるのと同じことさ。


さらにこの後ホワイト・ストライプスの再結成の可能性を尋ねると、ジャックは「不思議な質問を受けた」という表情をしながら「非常に疑わしいね。実現はあり得ない」と断言していたようだ。


『ボーディング・ハウス・リーチ』の詳細は以下。

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする