菅田将暉が「はがき職人」の主人公演じる。『ANN』スペシャルラジオドラマに出演

菅田将暉が「はがき職人」の主人公演じる。『ANN』スペシャルラジオドラマに出演
菅田将暉が、オールナイトニッポン50周年スペシャルラジオドラマとして放送される、佐藤多佳子作の小説『明るい夜に出かけて』に出演する。

同作は第30回山本周五郎賞を受賞した作品で、2013年4月から2016年3月まで放送された『アルコ&ピースのオールナイトニッポン』のリスナーである登場人物の葛藤を描いたもの。菅田将暉は同番組のヘビーリスナー・はがき職人であり、社会での自分の居場所・人付き合いに悩む主人公の富山一志を演じる。
菅田将暉が「はがき職人」の主人公演じる。『ANN』スペシャルラジオドラマに出演
そのほか、富山が働くコンビニで偶然出会う同作のヒロイン・佐古田愛役を女優の上白石萌音が、富山のバイト先の先輩・鹿沢大介を三代目 J Soul Brothersの山下健二郎が、富山の幼馴染・永川正光役を花江夏樹が演じる。なお、声優の花江夏樹を除く3人はこれがラジオドラマ初挑戦となり、本作には他にもラジオパーソナリティ経験のあるキャストが多数出演予定とのこと。

オールナイトニッポン50周年スペシャルラジオドラマ『明るい夜に出かけて』は、4月16日(月)深夜1時から、主演の菅田将暉がパーソナリティを務める『菅田将暉のオールナイトニッポン』内で放送される。


【菅田将暉 コメント】
ラジオならではの出会い・ラジオだからこそ生まれてくる笑い声。
好きなもので繋がることって、ほんとに幸せな出会いだなと思います。
辛いことがあったとしても、自分の好きなものに背中を押されて、頑張っていこうと思えるそんな作品になっています。

いやー、ラジオってすげー!!!!!

【上白石萌音 コメント】
原作小説は、主人公の心の中を覗いているような感覚でした。言葉やラジオが持つ力と、人と人との繋がりが持つ温かさを感じ、時間を忘れて一気に読んでしまいました。
共演者の皆さんが、ニッポン放送に所縁のある方々ということもあり、収録は最初から心地よい雰囲気でした。皆さん役にぴったりで、しかも本当にお声が素敵で...ずっと聴いていたいと思いました。尊敬する先輩方と密にご一緒できてとても光栄でしたし、沢山学ばせていただきました。感情の高まりがぶつかり合って、一度きりの化学反応が起きた気がします。とても濃密な時間でした。

【山下健二郎(三代目J Soul Brothers) コメント】
個人として初めてのラジオドラマでした。声だけで全て表現するため難しかったですが、貴重な体験をさせていただきました。
普段話してる話し方とは違い、滑舌に気をつけながら間をたっぷり取りながら話す演技は、ラジオドラマならではですね!
完成したのを聞くのが、今から楽しみです!

【花江夏樹 コメント】
普段声優としてラジオドラマ等は多く経験していましたが、こうしてフィールドの違う方々と一緒にお芝居ができて
また違った面白さや発見がありました。携わらせて頂き、とても光栄に思います。

菅田将暉が「はがき職人」の主人公演じる。『ANN』スペシャルラジオドラマに出演



公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする