会場設備の不具合に見舞われたレディオヘッド、ライブ中断の間にトムがアカペラを披露

会場設備の不具合に見舞われたレディオヘッド、ライブ中断の間にトムがアカペラを披露

アルゼンチンで開催された「Soundhearts Festival」にてヘッドライナーを務めたレディオヘッドが、ライブ中に設備の不具合に見舞われたことが明らかになった。「Consequence Of Sound」によると、バンドがアルゼンチンでライブを行うのは9年ぶりだったという。

ステージ前の柵が壊れたためライブの中断を余儀なくされたバンドだが、その待ち時間を埋めるためにトム・ヨークが“The Gloaming”をアカペラで披露したという。トムこの対応により、トラブルによりどよめいていた会場が一気に静まることとなった。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=89&v=XpXk76roNmo

ライブが10分ほど中断している間、バンド・メンバーはステージ上で時折観客とコミュニケーションを取りながら待機していたようだ。

ライブ映像は一般のアカウントによりYouTubeで公開されている。柵が壊れ、騒動が起きるシーンは0:40辺りから見ることができる。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=48&v=uiCUCDsBkvI
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする