レキシ、『ゲゲゲの鬼太郎』ED主題歌MVで牛若丸&弁慶を熱演

  • レキシ、『ゲゲゲの鬼太郎』ED主題歌MVで牛若丸&弁慶を熱演
  • レキシ、『ゲゲゲの鬼太郎』ED主題歌MVで牛若丸&弁慶を熱演 - 『S & G』初回限定盤

    『S & G』初回限定盤

  • レキシ、『ゲゲゲの鬼太郎』ED主題歌MVで牛若丸&弁慶を熱演 - 『S & G』通常盤

    『S & G』通常盤

  • レキシ、『ゲゲゲの鬼太郎』ED主題歌MVで牛若丸&弁慶を熱演
  • レキシ、『ゲゲゲの鬼太郎』ED主題歌MVで牛若丸&弁慶を熱演 - 『S & G』初回限定盤
  • レキシ、『ゲゲゲの鬼太郎』ED主題歌MVで牛若丸&弁慶を熱演 - 『S & G』通常盤
レキシが、7月18日(水)にリリースされる初の両A面シングル『S & G』より、フジテレビ系TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』のエンディングに起用されている主題歌“GET A NOTE”のミュージックビデオを公開した。


今回のMVのテーマは「下駄」。内容は、下駄の性別を見極める下駄鑑定人が、偶然2足の伝説の下駄を発見。その下駄から木霊する音にそれぞれ耳をすますと、牛若丸と弁慶が登場し、両者はあの伝説の戦いを繰り広げるというもの。なお今回、レキシが初の1人2役で牛若丸と弁慶を熱演している。

撮影は夏晴れの都内某所のスタジオで行われ、まずは牛若丸のシーンからスタート。アフロヘアを畳み、ポニーテール風カツラ、顔は白塗りマロ眉に気高そうな衣装に身を包むと、幼名牛若丸を再現し撮影へ。事前のリハーサルも全くない中、その場で監督の古地図見太郎(ZUMI)から演技指導を受けると、自前の日舞シーンや、全身黒タイツに身を包んだ黒子たちによる手作りCG風のアクションシーンなどを撮影。牛若丸のシーンを撮り終えると、次は一変して弁慶スタイルに変身。目張りに頭巾、手には薙刀を携え、弁慶のターンがスタート。力強いキメ顔と風格を見せ、「あいつの下駄の音がしたんだ」と牛若丸と弁慶が交差していくシーンなど撮影を重ね、1人2役の演技は10時間近くにおよんだという。なお、MV撮影はほぼ1発撮りで行われることが多いレキシだが、撮影時間の長さも今回初記録を更新することになったとのこと。

また、このMVには、今回リリースするシングルの最新ビジュアルの一つでもある「目玉のおやじ」のオフショットシーンがインサートされており、YouTubeバージョンとして公開されている。また先日開設された『S & G』特設サイトでは、オフショットシーンなしのフルバージョンが公開されている。


公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする