マイク・シノダ、リンキン・パークのライブの可能性について「何が起こっても心をオープンにしておきたい」と言及

マイク・シノダ、リンキン・パークのライブの可能性について「何が起こっても心をオープンにしておきたい」と言及

ソロ・デビュー・アルバム『ポスト・トラウマティック』を6月15日にリリースしたマイク・シノダが、リンキン・パークとして再びライブを行う可能性について言及している。


バンドのフロントマンであったチェスター・ベニントンが亡くなってから、1年が経とうとしている中で応じた「United Rock Nations」のインタビューにおいて、リンキン・パークとして再びプレイする可能性について「オープンだ」と以下のように答えている。

わからないよ。今は一歩ずつ進んでいる状態で、可能性については心をオープンにした状態でいたいんだ。

それが、僕の名前でやることになるのか、他のアーティストと一緒にやるのか、誰かのために曲を作るのか、バンドのみんながどこかでリンキン・パークのライブをやりたいってことなのかわからないけど、こういうすべてのことに可能性があると思うし、今は何が起こっても(心を)オープンにしておきたいんだよ。


なお、インタビューにおいてマイクは「今のところは自分のソロ作品のプロモーションに集中したいと考えている」と発言し、「別のパフォーマンス・スタイルとしてどう成長していけるか、どう発展させていけるかということを楽しみにしている」とも答えている。

同インタビューの音声はSoundCloudで視聴可能となっている。



また6月に行われた「iHeartRadio」内のプログラム、「Inside the Studio」のインタビューでは、ボン・スコットの死後、ブライアン・ジョンソンが加入して活動を続けたAC/DCと、チェスター亡きリンキン・パークを比べ、「自分たちとは違う」と、バンドの状況について以下の通り説明している。

誰かが「俺は絶対やりたくない」って言って、でも別の誰かは「わかんないけど、多分俺たちはやるべきだ」って言う。それであと2人は「俺たちは絶対やらなきゃいけない」って言うんだけど、でも不安があるんだ。


マイク・シノダは8月18日(土)・19日(日)に開催される「SUMMER SONIC 2018」の大阪公演1日目、東京公演2日目にソロとして出演することが決定している。

『ポスト・トラウマティック』のレビュー記事は以下。

今週の一枚 マイク・シノダ『ポスト・トラウマティック』
マイク・シノダ 『ポスト・トラウマティック』 6月15日発売 まず最初に書いておきたいのは、マイク・シノダ名義では初のアルバムとなる今作が、どこまでも優れたポップ・アルバムであるということだ。もちろん、彼がリンキン・パークでもフォート・マイナーでもなく、マイク・シノダという一個人…
今週の一枚 マイク・シノダ『ポスト・トラウマティック』



マイク・シノダの最新インタビューは現在発売中の「ロッキング・オン」7月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。

マイク・シノダ、リンキン・パークのライブの可能性について「何が起こっても心をオープンにしておきたい」と言及 - 『rockin'on』2018年7月号『rockin'on』2018年7月号
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする