桑田佳祐、「平成三十年度!第三回ひとり紅白歌合戦」が映像パッケージ化。初回盤は三部作コンプリートBOX

桑田佳祐、「平成三十年度!第三回ひとり紅白歌合戦」が映像パッケージ化。初回盤は三部作コンプリートBOX
桑田佳祐が2008年から昨年まで3回にわたって開催してきた企画「ひとり紅白歌合戦」の完結編となる『Act Against AIDS 2018「平成三十年度!第三回ひとり紅白歌合戦」』が、6月5日(水)に映像パッケージ化される。

さらにその初回限定盤は、『Act Against AIDS 2018「平成三十年度!第三回ひとり紅白歌合戦」〜ひとり紅白歌合戦三部作 コンプリートBOX – 大衆音楽クロニクル〜』として、2008年開催の第一回、2013年開催の第二回も含めて、全三回分の「ひとり紅白」を完全パッケージしたコンプリート版となる。

この「ひとり紅白歌合戦」は、エイズ啓発活動「Act Against AIDS<AAA>」の一環として桑田がパシフィコ横浜で行ってきたチャリティ「AAAコンサート」で生まれた企画。1993年、AAA発足当初からさまざまな形でその活動に携わってきた桑田だが、「日本のエイズの危機を少しでも早く無くすことが出来るよう、HIV/エイズの正しい知識を伝えるため」、コンサートやグッズの売り上げで毎年「エイズ啓発パンフレット」を制作し、全国の小学校、中学校、高校、大学、各種専門学校や保健所等へ送り届け続けてきた。そういったAAA活動を通して、エイズを取り巻く環境が大きく変わり、治療法の進歩により死亡率が激減したことや、海外での動向も含め、様々なメディアにおいても、エイズに関する正しい情報が発信されるようになったことなど、一定の成果を残すことができたことを受け、2020年7月末にてAAA活動は、その役割を終えることになっている。それに伴い、AAA活動の中核を担ってきた桑田のパシフィコ横浜でのAAAコンサートも昨年の開催で完結した。

桑田による「AAAコンサート」は、ジャズ、歌謡曲、ビートルズ、ディスコ&ソウルなど自身の音楽ルーツである様々なジャンルをテーマにして、毎回趣向をこらしたステージを展開してきた。そして、そんな桑田が最終的に行き着いた企画が、この「ひとり紅白歌合戦」であるという。昭和の歌謡曲からグループサウンズ、フォーク、ニューミュージック、そして平成のJ-POPまでを「ひとり」で歌い上げるだけでなく、『紅白歌合戦』をパロディすることで、音楽ショーに仕立て上げていた。特に今回は、AAA自体の活動が来年その役割を終えることに伴い、この「ひとり紅白歌合戦」も完結することが発表されていたため、過去2回にもましてパッケージ化を求める声が高まっていたとのこと。

なおこの作品の収益金の一部は、AAA事務局を通じてさまざまなエイズ啓発活動に使用される。

「平成三十年度! 第三回ひとり紅白歌合戦」ライブレポートはこちら。
桑田佳祐 「平成三十年度! 第三回ひとり紅白歌合戦」/パシフィコ横浜 国立大ホール
●セットリスト 1. (白)憧れのハワイ航路 (岡晴夫) 2. (紅)テネシー・ワルツ (江利チエミ) 3. (紅)学生時代 (ペギー葉山) 4. (白)涙くんさよなら (坂本九) 5. (白)あの時君は若かった (ザ・スパイダース) 6. (紅)雲にのりたい (黛ジュン) …
桑田佳祐 「平成三十年度! 第三回ひとり紅白歌合戦」/パシフィコ横浜 国立大ホール - All photo by 西槇太一

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする