[ALEXANDROS]、庄村聡泰(Dr)が療養のため近々のライブはサポートドラマーを迎え出演

[ALEXANDROS]、庄村聡泰(Dr)が療養のため近々のライブはサポートドラマーを迎え出演
[ALEXANDROS]の庄村聡泰(Dr)が、疲労の蓄積による筋筋膜性腰痛症の診断を受けたと公式サイトにて発表した。

庄村は医師より療養が必要との判断を受け、4月29日(月・祝)「REQUESTAGE 2019」と5月5日(日)JAPAN JAM 2019は、サポートドラマーとしてBIGMAMAのリアド 偉武を迎えて出演する。

なお、今後予定しているライブに関しては随時発表予定。


【川上洋平(Vo・G) コメント】
皆様へ

ドラムの庄村聡泰君がちょっと腰を痛めてしまいまして。近々のライブは3人でやることになります。
(ドラムはBIGMAMAのリアドにやってもらいます。本当に感謝。)

アスリート並みの動きをする彼なので正直こういう事は付き物なんだな、と痛感しております。

本人は腰以外の面は問題ないので、その部分はご心配なさらず。そして本人が一番悔しいだろうし、彼の性格的に皆に心配だけはさせたくないと思うのでライブは思う存分、心の底から楽しみに来てください。


川上洋平



公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする