ゆず、全310曲をサブスク解禁&弾き語りドームツアーに向け『SEIMEI』配信リリース

  • ゆず、全310曲をサブスク解禁&弾き語りドームツアーに向け『SEIMEI』配信リリース - 新アーティスト写真

    新アーティスト写真

  • ゆず、全310曲をサブスク解禁&弾き語りドームツアーに向け『SEIMEI』配信リリース - 『SEIMEI』配信中

    『SEIMEI』配信中

  • ゆず、全310曲をサブスク解禁&弾き語りドームツアーに向け『SEIMEI』配信リリース - 新アーティスト写真
  • ゆず、全310曲をサブスク解禁&弾き語りドームツアーに向け『SEIMEI』配信リリース - 『SEIMEI』配信中
ゆずの一部を除く全楽曲が、音楽ストリーミングサービス「Apple Music」にて先行配信スタート、その他のストリーミングサービスでも5月15日(水)より解禁される。

これまで一部楽曲のストリーミング配信は行われていたが、過去カタログの全作品解禁は初。1stミニアルバム『ゆずの素』をはじめ、『夏色』、『栄光の架橋』、『虹』、『雨のち晴レルヤ』、歴代シングルに収録されたカップリング曲から最新オリジナルアルバム『BIG YELL』まで、ライブ盤・ゆず以外の名義楽曲を除く全310曲が解禁される。


さらに、今週末より始まる日本音楽史上初の弾き語りドームツアーに向けて、かねてより「ライブで新曲を披露したい」と話していたゆずは、本日5月10日(金)に全編弾き語りによる配信限定シングル『SEIMEI』をリリースした。北川悠仁が作詞・作曲を務めた同曲は、遥か過去から引き継がれている生命(SEIMEI)のバトンを繋ぎながら、未来に向け困難を乗り越えていく、強い意志が内包された弾き語りナンバーだという。

リリースに伴い、新アーティスト写真とジャケットアートワークも公開。双方に共通して描かれているのは、今回の弾き語りドームツアー本編に登場し、シンボルとなる逆さツリー「YUZZDRASIL(ユズドラシル)」。ゆずのルーツ=弾き語りのコンセプトを投影させたこのアートワークは、昨年ルーブル美術館に巨大アート作品を展示した彫刻家・名和晃平氏が担当。ドームツアーに向け、ゆずとともにゼロからコンセプトを構築し完成させたとのこと。

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする