ヴァンパイア・ウィークエンド、新ALが全米1位を獲得。現時点で今年最も売れたロック・アルバムに

ヴァンパイア・ウィークエンド、新ALが全米1位を獲得。現時点で今年最も売れたロック・アルバムに - (c) Monika Mogi(c) Monika Mogi

5月3日にニュー・アルバム『ファーザー・オブ・ザ・ブライド』をリリースしたヴァンパイア・ウィークエンドだが、同アルバムが最新の全米アルバム・チャート「Billboard 200」にて1位を獲得したことが明らかになった。

「Stereogum」によれば、同アルバムは発売から約13万8000枚相当を売り上げており、その内、11万9000枚ほどがアルバム自体の純粋な売上枚数だったという。

また、同アルバムは今年リリースされたロック・アルバムにおいて、現時点で最高の売上を記録しており、2018年12月に発表され全米1位を獲得したマムフォード&サンズ『デルタ』以来最大の売上枚数になるそうだ。


なお、今週5月15日(水)には、ボーナス・トラックが追加収録された同アルバムの日本盤がリリースされる



ヴァンパイア・ウィークエンドのインタビュー記事は現在発売中の『ロッキング・オン』6月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。

ヴァンパイア・ウィークエンド、新ALが全米1位を獲得。現時点で今年最も売れたロック・アルバムに - 『rockin'on』2019年6月号『rockin'on』2019年6月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする