ガンズのダフ・マッケイガン、2016年にAC/DCのツアーに参加したアクセル・ローズを「最高だった」と称賛

ガンズのダフ・マッケイガン、2016年にAC/DCのツアーに参加したアクセル・ローズを「最高だった」と称賛

ガンズ・アンド・ローゼズのダフ・マッケイガンが、AC/DCのツアーに参加したアクセル・ローズを「最高」だったと称賛していることが分かった。

AC/DCは2016年の春、シンガーのブライアン・ジョンソンが「永久的に聴覚を失う恐れ」があるとしてドクターストップがかかり、北米ツアーの最後の10日間を延期した。その後、バンドは「ゲスト・ボーカリスト」としてアクセルを迎え、残りのヨーロッパおよび北米でのツアー日程を完遂している。

Blabbermouth」によれば、ポッドキャスト「The Church Of What’s Happening Now」に出演したマッケイガンは、2016年にアクセルが参加したAC/DCのライブについて、以下のように語ったそうだ。

アクセルは素晴らしかったよ。「もしお前らがよければ、トライアウトしようと思ってるんだ。今彼らには助けが必要だから」ってさ。故ボン・スコット(AC/DCの元フロントマン)は彼の一番のヒーローだからね。

「あんたがAC/DCに参加するのにトライアウトなんて必要ないだろ」っていう。でも、ものすごく緊張してたんだよ。「トライアウトしてくる。俺たちのツアーとも被らないから完璧だ」ってさ。

スラッシュと俺は、「AC/DCとのギグはもう決まりだよ」って言ったんだけど、トライアウトしにアトランタに行って、それで決まったんだ。彼が参加したあのツアーは2度観たよ。ロンドンまで飛んでいって観て、クリーブランドでも観てさ。最高だったね。


なお、マッケイガンは今週5月31日(金)に新しいソロ・アルバム『テンダネス』をリリースする予定で、ガンズ・アンド・ローゼズとしては9月に海外のフェスへの出演も決定している。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする