カート・コバーンの娘フランシス、自作の「悲しい曲」を歌う動画をアップ。歌詞で父に言及か?

カート・コバーンの娘フランシス、自作の「悲しい曲」を歌う動画をアップ。歌詞で父に言及か?

カート・コバーンの娘であるフランシス・ビーン・コバーンが、現地時間6月19日、Instagramでまた新たに自作の楽曲を公開したことが分かった。

現在26歳のフランシス・ビーンはこの投稿で自身がアコースティック・ギターを弾きながらオリジナル楽曲を歌う動画2本を公開、キャプションで次のようにフォロワーに注意を促したという。

すごく悲しい曲の動画だけどありのままで正直なものだからみんなとシェアしたかった。



SPIN」によると、フランシス・ビーンはニルヴァーナのフロントマンである亡き父カート・コバーンにはっきりと言及しているわけではないが、歌詞のなかには、間違いなくカートがテーマであるように受け取れる部分もあるとのことで、特に「あなたがこの場所に留まる運命じゃなかったことは分かってる/時々自分の顔を見るのが辛くなる」という部分がそうではないかと指摘している。彼女の父が1994年に自殺した当時、彼女は1歳半だったという。

彼女は、「音楽はたぶんすぐ出せるはず」として、「興味を持ち続けてくれることと、励ましの言葉」に対してフォロワーに感謝し、「全部読んでるし、それで心が満たされてる」と綴り、キャプションを締めくくったということだ。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする