2019年上半期の英国アナログ盤ランキングが発表。クイーン、ビリー・アイリッシュらがランクイン

2019年上半期の英国アナログ盤ランキングが発表。クイーン、ビリー・アイリッシュらがランクイン

2019年上半期に英国で販売されたアナログ・レコードの売上ランキングが発表された。

Official Charts」の発表によると、アルバム単位では1万5700枚を売り上げたクイーンの『グレイテスト・ヒッツ』が1位に輝いた。


クイーンに続いて2位となったのが、ビリー・アイリッシュのデビュー・アルバム『ホエン・ウィ・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー?』で、2017年にリリースされたEP『Don't Smile At Me』も16位にランクインしている。

そして3位はジョイ・ディヴィジョンの『アンノウン・プレジャーズ』がランクイン。なお、6月には同作のリリース40周年を記念したスペシャル・エディションも発売された

アルバム・ランキングの上位10位までは以下の通り。

1位:クイーン『グレイテスト・ヒッツ』
2位:ビリー・アイリッシュ『ホエン・ウィ・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー?』
3位:ジョイ・ディヴィジョン『アンノウン・プレジャーズ』
4位:フリートウッド・マック『噂』
5位:ルイス・キャパルディ『Divinely Uninspired to a Hellish Extent』
6位:ピンク・フロイド『狂気』
7位:デヴィッド・ボウイ『Legacy / レガシー ~ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・デヴィッド・ボウイ』
8位:V.A.『グレイテスト・ショーマン』
9位:フォールズ『エヴリシング・ノット・セイヴド・ウィル・ビィ・ロスト・パート1』
10位:クイーン『ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)』

なお、シングル・ランキングでは、リアム・ギャラガーの“Shockwave”が1位を獲得。2位はニュー・オーダーの“Celemony”がランクインしている。


アルバム、シングルの各ランキングの詳細は「Official Charts」のサイトにて確認することができる。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする