オーペス、スウェーデン語/英語でレコーディングした2枚組ALを9月にリリース! 12月には来日公演も

  • オーペス、スウェーデン語/英語でレコーディングした2枚組ALを9月にリリース! 12月には来日公演も - pic by Stuart Woo

    pic by Stuart Woo

  • オーペス、スウェーデン語/英語でレコーディングした2枚組ALを9月にリリース! 12月には来日公演も
  • オーペス、スウェーデン語/英語でレコーディングした2枚組ALを9月にリリース! 12月には来日公演も - pic by Stuart Woo
  • オーペス、スウェーデン語/英語でレコーディングした2枚組ALを9月にリリース! 12月には来日公演も

まもなく結成30周年を迎えるオーペスが、ニュー・アルバム『イン・カウダ・ヴェネノム』を9月27日(金)にリリースすることを発表。さらに、12月に来日公演を行うことも決定した。

3年ぶりとなるニュー・アルバムは、しばらくバンド活動から離れていたミカエル・オーカーフェルトが、バイリンガルのアルバムを作るというアイデアを思い立ったことから完成した作品だという。

アルバムはメンバーの母国語であるスウェーデン語と、英語の双方でレコーディングされた2枚組としてリリースされるとのこと。

また、アルバムより“Heart in Hand”の音源も公開された。


なお、12月の来日公演は、大阪と東京にて開催される予定だ。


公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする