バウハウス、13年ぶりとなる再結成ライブを一夜限りで開催。ピーター・マーフィーらオリジナル・メンバーが集結

バウハウス、13年ぶりとなる再結成ライブを一夜限りで開催。ピーター・マーフィーらオリジナル・メンバーが集結

8月にフロントマンのピーター・マーフィーが心臓発作で入院したことが報じられていたバウハウスが、13年ぶりに一夜限りの再結成ライブを行うことが明らかとなった。

Pitchfork」によると、再結成ライブは現地時間11月3日、ハリウッドのパラディウムで行われる予定で、ピーターに加え、ダニエル・アッシュ、ケヴィン・ハスキンス、デヴィッド・Jというオリジナル・メンバー4人が再集結するという。


バウハウスは、1983年に解散したが1998年に期間限定で再結成し、そのままツアーを行った。2005年にも再び再結成を果たしており、これをきっかけに2008年にはニュー・アルバム『Go Away White』をリリースしている。

なお、ピーターが心臓発作を起こした時に搬送された病院の専門医が「右冠動脈にステントを挿入し、心臓の状態を管理するための投薬治療を始めた」とコメントしていたと報じられていたが、経過は良好で、ピーターは完全に疾患から回復したとも伝えられているとのこと。

再結成ライブのチケットは、現地時間9月13日(金)にTicketmasterより発売される予定。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする